GCI Blog

Student Blog

Why Study Abroad In Ireland

Posted 19 August

Why Study Abroad In Ireland

 If you want to study abroad, I recommend to go to Galway.

I am Midori and I am from Japan and today I will tell you about my study abroad experience in Galway, at Galway Cultural Institute, where I was studying English for a month. In the blog below I will write about the reasons I chose to come to Ireland, about Japanese life in Galway and finally a conclusion of my experience learning English in Ireland.

 

Why did I chose Ireland

What do you want to do when you go to language school? Of course you want to study a second language or more. Also that’s what I thought as well, therefore I choose Ireland. If I have chosen a “popular country”, I could have missed my chance of speaking English because there are a lot of Japanese. Ireland. especially Galway, is the best option for a Japanese person to come and study English as there a few Japanese so you get to speak in English all the time with people from around the world.

 

Japanese life in Galway

First of all, I had such a great time in Galway, especially living with my host family which was excellent. They were always concern about me while I was in Galway, making dinner everyday (I love the curry from my host mother!), cup of tea after meal or Irish breakfast. I also met many of their friends as they used to invite them over for a tea and a small talk. It was an exciting and a memorable Galway experience for me. They have different customs so you can enjoy a different culture and maybe even find a new life.

Irish breakfast

Irish breakfast

Also,  the school life was important for me in GCI. In my experience, I only had Japanese people in my class, so here in Galway I had to speak English everyday with my schoolmates. I know it’s very hard and you are afraid to speak in English at the beginning but all of this helps you to speak fluently English. During the first week, I was very nervous not to use any Japanese . However my speaking was getting better while study in GCI. 

GCI has a library like a study room other than normal class, moreover there is always a teacher present in there and students can study in there. I like to study by myself, so GCI environment was very suitable for me.

 

Conclusion

Galway is a very good place for Japanese students to study English. If you consider going to some place beyond Japan to study English, I would say you can chose Galway. I already mentioned that there are few Japanese, you worry about that at first as you are afraid to speak English but you will have a wonderful experience overall. I recommend Galway for someone who seriously intend to study English.

 

Valentine's Party

Valentine's Party

 

  • 日本の方に向けて

こんにちは。私はヨーロッパのアイルランド、ゴールウェイにあるGalway Cultural Institute(通称GCI)に春期休暇を使って1カ月間通っていました。帰国後、GCIからゴールウェイという場所を選んだ理由をぜひブログに書いて欲しいと依頼をいただいたので、拙い英語で書かせていただきました。ここからは日本人の皆様に向けて書かせていただきます。

 

  • なぜアイルランドを選んだか
  • アイルランドの都市

今回私がゴールウェイに来ることになった経緯は、留学ワールドDEOWさんの海外留学奨学生に選ばれ、応募時に選んだ国がアイルランドだったことでした。そして奨学生として受け入れてくださったアイルランドの学校がGCIだったのでゴールウェイに行かせていただくことになりました。実はここだけの話、私は自分が奨学生に選ばれるまでゴールウェイという場所を知りませんでした。もし選ばれたらダブリンというもう一つの都市にある学校に行くものだと思っていたので少し不安を感じましたが、結果的にゴールウェイでよかったなと思います。

アイルランドを選んだ決め手はずばり“日本人留学生がまだまだ少ないので英語を話すことに集中できる”という、とある語学学校の受け売りからでした。語学留学に人気な国と言えば、アメリカ、オーストラリア、カナダそしてイギリス等ですが、あえて私がマイナーなアイルランドを選んだ理由は、留学中に日本人に会う機会を減らすためでした。せっかく日本ではない場所に行くのに、多くの日本人と日本語で話してしまっては、語学留学に来た意味がないと思ったからです。

 

アイルランドはいくつかの地域にわかれて構成されていて、その中でも一番大きいものがダブリンという都市です。私は入帰国の際と、留学中の週末に遊ぶ等で数回滞在しました。また大きな大学や観光名所が複数あるのでゴールウェイに比べると日本人含めアジア人がたくさんいる印象でした。(留学に人気な国に比べたら少ないと思いますが.…)

ダブリンでの1枚

ダブリンでの1枚

  ゴールウェイはアイルランドで3番目に大きい都市で、ダブリンから高速バスで片道2時間半ほどです。古き良きアイルランド文化を守りつつも進化をし続けるゴールウェイは、「世界で一番フレンドリーな都市」「ヨーロッパ文化首都」等に選ばれており、ヨーロッパ各国やアメリカ、カナダからの観光客に人気の都市です。1年を通して様々なフェスティバルが開催され、いつも観光客で賑わっています。2018年には「ヨーロッパ食文化の中心都市」に選出され、アイルランドの大自然の中で育まれた新鮮な肉や乳製品はもちろん、ゴールウェイは海辺の街ならではのシーフードがおいしいレストランも、どんどん増えています。特に、生ガキは特産品で9月に大きなオイスターフェスティバルが開かれる他、パブ等でも通年で楽しむことができます。

 

そんなゴールウェイですが、まだ現地に住むアジア人の数はとても少なく、学校に通っている留学生もヨーロッパの他の国々を中心に世界中から集まっていますが、日本人の人数はピーク時で6人程だったので(入れ替わりが激しいので0人のときが続くのも珍しくない)、授業でも普段の生活でも国際色豊かな環境で英語力を伸ばすことができました。

 

Galway City

Galway City

ゴールウェイ市街地での1枚。にわか雨直後です。アイルランドは1日で全ての季節を体験できると言われているほど天気が変わりやすいです。フード付きアウターは必須でした。

 

  • 日常生活について 次に普段の生活についてですが、アイルランドには東京やロンドンのように電車やメトロは無く、主にバスか自転車または徒歩で移動します。ゴールウェイは市街地だけなら端から端まで歩いても30分ほどしかかからず、私のホームステイ先は市街地に近い上に、目の前が海岸だったので生活しやすく毎日美しい景色も楽しめました。私は近所のアイスクリーム屋さんが行きつけになるくらい大好きになり、よく通っていました。店でアイスを食べる近所の子供たちを見たりして、地元の人々の生活の雰囲気も味わうことができました。その他には、ホストファミリーがドライブやコンサート、週末は離島にある彼らの別荘に連れて行ってくれたりして、とても楽しかったです。私のホストファミリーは5人家族で、日中は皆仕事や学校であまり家には居ませんでしたが、私のために時間を作ってくれたり困ったときは助けてくれたりして、本当に良くしてくれました。一般的にホストファミリーについては、留学生の間でも相性は“運”だと言われています。GCIはホストファミリーの選考基準がしっかりしていて、クラスメイトの話を聞いてもトラブルを抱えている人は少なかったように思います。特に私のファミリーは、留学生のプライベートは尊重してくれ、かつ日常生活のサポートはきちんとしてくれたので、私はとても運が良かったと思います。


行きつけのアイスクリーム屋さん。いつもワッフルコーンを選んでいました。

行きつけのアイスクリーム屋さん。いつもワッフルコーンを選んでいました。

学校生活について

 学校生活では、私は平日の午前に授業があり午後はフリータイムなG20というコースでした。これは自分が選択するコースによって変わってきます。授業を進行する先生たちの英語はアイルランドの訛りがあるかな、と感じましたが、英語初心者だった私にとってそれらが勉強の弊害になったりすることはありませんでした。教科書も今日本で通っている大学の授業で使っている同じイギリス製だったので馴染みがあり不便は感じませんでした。

クラスに日本人は自分ひとりだけでしたが、クラスメイトはとてもフレンドリーで楽しんで授業を受けることができました。

放課後は家に帰ってご飯を食べてから英語版のテレビゲームをしたり、ホストファミリーとアフタヌーンティーをしたりがルーティーンでした。ほかにはクラスメイトと市街地に出かけてカフェに入ったり、アジアンレストランに連れて行ってもらったり、学校で知り合った友達の家にいっておしゃべりを楽しんでいました。個人的に団体行動が苦手なので少人数で遊ぶ機会が多かったですが、英語を話すのには十分すぎる環境でした。英語を通じていろんな文化と触れ合うことによって、もっと英語を学びたいという気持ちが強くなった気がします。

同じクラスメイトだった子と市街地にある美術館に行ったときの1枚

同じクラスメイトだった子と市街地にある美術館に行ったときの1枚